ローコストキャリアが安い理由とそれによって起こる問題点とは

ローコストキャリアが安い理由には一体どんな理由があるのか、皆さんも気になっていると思うので見ていきましょう。そして、ローコストキャリアの存在によって、今後どんな問題が発生してくるのかということを、これを介して知っていただきたいと思います。

ローコストキャリアが安い理由って一体何なの?!

ローコストキャリアが安い理由、それは、皆さんもご存知のように、色々な所をシンプル化しているということにあります。サービスと人件費や教育費をカットすることによって、私達消費者に安い航空券を提供することを実現しています。

では、具体的にどんな所をカットしているのかというと、サービス面で言えば、予約はインターネットを使って、自分自身で行うことが基本となっています。電話予約やカウンターでの直接予約というのは、色々な経費が発生します。

電話回線を引いたり、そこに置く人の給料、それに場所代が必要になってきますが、そういったものを簡素化しているのです。さらに、機内でのドリンク提供は基本的にありませんし、チェックインなども、カウンター付近に係の人はいますが、基本的には自分で機械を使って行います。

パイロットの教育費のカットのために機内を1機種に統一して、免許は今持っているものだけで良いようにするなど、考え得るカットできる場所はすべてかっとしているからこそ、ローコストキャリアは存在します。

ローコストキャリアの参入によって起こる問題点とは何か

これだけ私たちにとってメリットをもたらすローコストキャリアですが、もちろん、問題もあるのです。私達は安いだけでうれしいですが、安さを知ってしまった後というのは、人間というものは貪欲なもので、より安い航空券を求めてしまうものです。

ですので、ローコストキャリアが出たことによって、私達はこれでは満足せず、もっと大幅ディスカウントをしてくれるローコストキャリアを望み続けてしまいます。そのため、ローコストキャリア自身も、さらなるコストカットをしていかなければいけないので、大変になりますし、それによって、雇用問題もでてきます。

さらに、大手航空会社は、ローコストキャリアの出現によって、客足が減ってしまっている所もあります。昨今は父兄によって、どの会社でも経費を削減するようにしているので、少しでも出張費を抑えるよう、ローコストキャリアを利用する会社は増えているので、サービスで対抗したりと、大手航空会社は、客足を取り戻すよう、色々な努力(特に料金の面で)をしなければいけないという事態に陥っています。

ローコストキャリアの安い理由と抱えている問題点について

ローコストキャリアと呼ばれている格安航空会社は近年急成長しており、数多くの会社が日本の空を飛んでいます。安い価格が非常に魅力であり、利用者にとって利便性を高めるだけでなく、大手航空会社の割引を引き出してますます使う人が有利になっています。どうしてこのような安さで飛行機が飛ばせるのでしょうか。

ローコストキャリアでは当たり前の徹底的な人件費削減

ローコストキャリアと呼ばれる格安航空会社が、航空券の価格を安くできる1番大きな理由は、徹底した人件費の削減です。ローコストキャリアでは、航空券の予約をインターネットでの販売に限定したり、広告についてはメールマガジンで配信をしたりとできるだけ人件費や広告費がかからないようにしています。

逆に人件費のかかる部分はすべてオプションサービスとなっており、預入手荷物や有人カウンターでの予約については全て手数料がかかります。さらに機内においても、サービスにかかる費用をできるだけカットし、機内食やドリンク等のサービスはすべて有料になっていますか。

空港を利用するのにもお金がかかるため、できるだけ着陸料の安い早朝や深夜の時間帯を利用した路線展開を行っています。このようにできるだけ大手航空会社でコストのかかる部分をカットし、その分航空運賃に反映させたのがローコストキャリアの価格を安くすることができる理由になっています。

ローコストキャリアが抱えている問題点について考える

価格の安いローコストキャリアが、抱えている問題も数多くあります。その1つが人材不足です。近年ローコストキャリア増加したことによって全世界的にパイロット不足になっています。

パイロット育成には非常に高額なお金がかかるため、これまで大手航空会社をリタイアしたパイロットや倒産した航空会社等からパイロットの引き抜きが行われてきました。しかし世界的にパイロット不足になってきたため、こうしたパイロットもなかなか確保することができない状況になっています。

結果として、パイロット不足から機材はあるものの飛行機を飛ばすことができないと言う会社も出てきています。これは利用者にとって大きな問題です。さらに発着枠の問題があります。空港には決められた発着枠があり、この発着枠をめぐって会社間の駆け引きが行われています。

良い時間帯の発着枠は値段が高く、ローコストキャリアがなかなか入っていけないと言う現状もあります。こうした問題点がクリアーされると、ローコストキャリアはさらに増えていくと思われています。

国内移動でも飛行機はローコストキャリアで!

国内の旅行を考えている場合で、どうしても移動時間は短縮したい場合は、国内線の飛行機で移動する事になるでしょう。
空港までの時間や、空港に早く付かないといけないなどとも言われているのですが、住んでいる場所に寄れば国内線の飛行機を使う手段が一番早いといえます。
移動時間を短縮出来れば旅行先で使える時間が長くなるので、メリットになります。
また、飛行機はシートなどもしっかりしていてリラックスして乗れるようにもなっているので、バス移動などを考えた場合では心地良い移動手段とも考えられます。

格安チケットの探し方はインターネット

空を飛んで移動するという面でも非常に気持ちがいいものですし、昼間でしたら快晴に身を置いているという感覚が好きだという人もいます。
けれども国内線の価格が非常に高ければちょっと移動手段を変えようかなと迷ってしまいますよね?
出来れば安くで移動したいと思う人がほとんどでしょうし、格安でチケットが見つけられる事が出来るのであればそれは嬉しい事だと思います。
では、国内線の飛行機のチケットはどのようにして探せばいいのでしょうか?
格安航空会社は今は増えてきています。
少し前から日本でもローコストキャリアで飛ぶ飛行機は増え始めたので、国内線の航空券または更に安い格安航空券を見つける事はとても簡単になったと言われています。(参考:格安航空券比較サイトhttps://www.best-airticket.com/

全て自分でインターネットから予約する事が出来ます。
支払いにはクレジットカードが必要になるのですが、今では現金で払うよりも主流になっている支払い方なのではないかと思います。
また、ローコストキャリアでの予約の場合は本人のクレジットカードを利用しなければならないという航空会社もあったり、カードブランドが限られているという場合もあるので、購入前に確かめるようにしましょう。

チェックインまでできる便利な機能

ネットからの予約は至って簡単です。
また国内線なので、荷物も手荷物だけにした場合は荷物の分の料金が追加されないという事なのでコストを抑える事が出来るのです。
1396923953815
また、予約し終わった後でもプリントすればそれが航空券になるのです。
当日に、ネットからチェックインをする事も出来るので、非常に便利になります。
自分で航空券のチケットを手配する事が手慣れているのであれば自分でネット上から済ませればいいと思います。
しかしそれが出来ない人もいるので、旅行社で手配してもらえます。
その時でも簡単に手配してもらえるので特に難しい事はありません。
手数料も多額ではないので、自分で不安を抱きながら予約するのであれば、旅行社で安心して予約してもらう方法を取った方いいでしょう。
ローコストキャリアがこれからももっと普及すれば更に安くなると思うので、国内移動も楽になりそうですね。

スターフライヤーに注目

スターフライヤーの機体は黒白という2色をつかった機体という事で当時は斬新なカラーと注目を集めました。
【コンセプトはモダン】
スターフライヤーが選ぶコンセプトは、モダンにストレートに!という事で、テクノロジーを全面的に押し出すようなスタイルではなく、飛行機の乗客がいかに快適に機内で過ごす事が出来るのか!という方向性を目指したようです。
機体は白黒ですが、勿論、機内も黒白でかっこいい飛行機という印象を得る飛行機です。
また、黒の革張りシートで、ゆったり座れる広めのシートという点でも人気があるのです。
【機内サービスはタリーズコーヒー】
日本にも数あるコーヒーショップの中でも、世界中から厳選されたアラビカの豆を使ったコーヒーで人気の高いタリーズコーヒーと提携しているので、機内ではタリーズコーヒーが飲む事が出来ます。
そのカップも黒でキマっているのでクールで大人なイメージで溢れています。
【エレガントな航空会社】
黒白の見た目だけではなく、機内サービスも、パンツスタイルのCAの制服も全てがエレガントに見えてしまう航空会社は日本でなく、世界にも十分に通用する魅力たっぷりだと言われています。
国内線の就航も充実しているので、是非利用してみたい航空会社ですね。