ANAの株主優待券を使ったお得なフライト

ANAの株主になると、通常運賃の半額でフライトできるという「株主優待券」を貰えます。また、フライト以外のサービスも付帯されています。なお、株主優待券の特徴として、株主以外でも利用できるため、金券ショップで販売されている株主優待券を購入しても、半額サービスを受けられます。

ANA株主優待券のメリットと利用方法

ANA株主優待券のメリットには以下などがあります。

  • 1.予約した便の変更やキャンセルにおける手数料を取られないため、予定の段階でも気軽に予約ができます。
  • 2.どのフライト便でも、航空運賃が常に半額になります。
  • 3.事前に予約していなくても、フライト当日でも空席さえあれば航空券が購入できます。
  • 4.土日曜やゴールデンウィークなどの繁忙期でも、「旅割」などよりも格段に予約が取りやすくなっています。
  • 5.プレミアムクラスでは最安になる路線、時期が用意されています。

空港に行く時は、支払いに使ったクレジットカードを必ず持参します。ANAカウンターで株主優待を使ったことを伝えると、本人確認がされた後、チケットを渡されます。株主優待券の提示を求められることはありませんが、所持しておいた方が無難です。

株主優待券を使ったフライトの予約手順

株主優待券でのフライト予約は普通航空券の場合と同様、ANAの公式サイトから申込めることに変わりはありません。ただ、異なるのは以下の点です。

  • 1.フライト便は「株主優待割引」の欄に記載されているフライト便の中から利用したい便にチェックを入れます。
  • 2.クレジットカード支払完了画面で「株主優待登録番号」ボタンをクリックします。
  • 3.株主優待番号登録画面で、株主優待券の株主優待番号と登録用パスワードの入力を指定されるので、株主優待券にあるスクラッチを削って表示される番号とパスワードを入力します。

株主優待券を利用してチケットを予約しておくと、有人カウンターや自動チェックイン機に並ぶ必要のない「スキップサービス」が利用できます。ちなみに、スクラッチを削った時点で、金券ショップへの売却ができなくなります。

株主優待券における優れた利便性

割引の点では「旅割」の方がお得ですが、無料で予約変更可能な株主優待券の方が利便性の点では優れています。また、突発のフライトでも半額で利用できます。なお、プレミアムクラスは半額までにはならず、普通席の株主優待料金+7,000円になります。

ana 飛行機チケット

関連記事

ローコストキャリア 安い理由TOP